30代女性:腰椎ヘルニア

来院動機

3か月前に腰痛を発症、病院で検査後ヘルニアと診断、手術しか選択肢がないと宣告される

来院一週間前

イスから立ち上がった際に激痛に見舞われ、動けなくなり救急車で病院に搬送

痛み止めの注射を打ち、4日後に当院に来院

初診時の症状と経過

歩行時痛・圧痛・前屈後屈時痛が著明にみられる

少しの動作で激痛が走る状態

1回目の治療変化

処置内容

特別診療にて、ヘルニアの処置とテーピングを行う

特殊なローラーを使用し施術を行う

処置中もヘルニア部にローラーが当たると激痛が走る

1回の処置で症状改善は3割ほど改善

痛みは強く、ウォーターベッドで水圧を当てながらアイシングを行う

2回目の治療変化

翌日に来院

痛みの強さが当日は10→7に軽減したが、今日は10に戻る

先日と同様の処置を行う

 

3回目の治療変化

3回連続で来院

痛みの強さが10→7まで減少

歩行時等の症状も軽減されるも日常生活に支障がある状態

10回目の治療変化

痛みは10→4割まで減少

日常生活には問題はないものの、長時間のデスクワークは困難

現在も1wに1回のペースで通院中

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関する関連記事

上石神井名倉堂整骨院

〒177-0044東京都練馬区上石神井4-3-22 メゾンセードル1F