20代女性:腰椎ヘルニア

来院動機

来院の1週間前に腰痛を発症

整形外科を受診、MRIで腰椎4~5番のヘルニア診断

処置は手術しかないと言われその日は帰宅

翌日

起床時にさらに症状悪化、歩行困難な状態になる

スマホで当院を発見し来院

初診時の症状と経過

安静時痛・歩行時痛著明

見た目でも身体が斜めに歪み、腰部から右のふくらはぎにかけて痛みと痺れ症状

疼痛が著明の為、仕事を休み来院

体重をかけると症状が悪化し、まともに歩ける状態ではない

1回目の治療変化

処置内容

特別診療にて、ヘルニアの処置とテーピングを行う

特殊なローラーを使用し施術を行う、ローラーを当てただけでも疼痛が増大

30分かけてゆっくりと施術を行う

1回の処置で症状改善、歩行もスムーズになり、来院時はコルセットを使用していたが、帰りは使用せずに帰宅

2回目の治療変化

翌日に来院

痛みの強さが10→6に軽減

歩行もスムーズになるが、右に体重をしっかりとのせると、10まで痛みと痺れが増大

3回目の治療変化

3回連続で来院

痛みの強さが6→4まで減少

歩行時の痛みもかなり軽減され、翌日から仕事に復帰

9回目の治療変化

日常生活での痛みは、ほぼ消失

夜寝る際に若干痺れが残る、まだ無理をすると痛みが増す

15回目の治療変化

症状消失

今後のことも踏まえ、メンテナンスに移行し経過観察中

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア