30代男性:頚椎ヘルニアと手のしびれ

来院動機

病院で頚椎ヘルニアと診断を受け、オペしか改善方法がないと医師に言われ

オペをしないで改善したいため、ネットで検索して、上石神井名倉堂を発見し来院

初診時の症状と経過

安静時でも右の頚部から上腕部、右背部にかけて痛みと痺れが常時出ている状態

頚部の回旋及び伸展、背部の伸展動作で症状悪化

1回目の治療変化

処置内容

特別診療を行う

外科処置台に座るだけでも痺れが増すような状態、ゆっくりと頚部から背部、骨盤にかけて処置を行う

処置の最中は痛みや痺れが悪化するものの、20分後には症状が軽減

痛みが10→8に変化

2回目の治療変化

翌日に来院

治療後はよかったものの、起床時には症状が戻る

前回よりも可動域が増加、同じく20分処置を行った後、20分そのまま頚部にアイシングを行う

 

 

3~7回目の治療変化

3~5回目までは症状があまり変化なく

6回目から痛みが5まで軽減

7回目の治療から、翌日に症状が戻ることなく生活ができるようになった

8~10回目の治療変化

経過順調

痛みが5まで軽減するも、10回目の治療の前日に、重いものを持ち上げ、頚部に負荷が加わり痛みが10まで戻る

11~18回目の治療変化

13回目の治療で5まで再度痛みが軽減

18回目の治療で痛みと痺れが2割ほどまで軽減

 

現在も1w1回のペースで来院

 

頚椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

頚椎椎間板ヘルニア